のぼり旗のデザインの作り方

のぼり旗を使用するにも目的がたくさんあります。
一般的に多いのは、飲食店の店頭に設置する例です。
街中を歩いていて一番多く見かけるのぼり旗です。

お店の何をアピールするかを端的に一瞬でわからせる
デザインにする必要があります。

印象

第一に、地の色と文字のコントラストです。
白と黄色では太陽が射したりすると見えません。
黒字に黄色は目立ちますが、重過ぎて食欲をそそりません。

食べ物のメニューをアピールしたいなら上にイラスト、
下に文字などを入れます。
字は車に乗っていてもわかる太めものがおすすめです。
開いているのか閉まっているのかがわかる、営業中も
客として知りたい情報です。

わかりやすい

物販店では、セール・値下げ・春物入荷など、商品名よりも
中に入ってもらう目的のデザインが多く使用されます。

サービス業関係は、おしゃれな外観から見ると
何かわからないことも多いので、
クリーニング・美容室・マッサージなど何のお店かが
わかるデザインが重要です。

キャンペーン時にあるといいのぼり旗の効果

知ってもらう

集客を狙って新規のお客様を増やしたり、常連の
お客様の満足度を高めるために行われるキャンペーンは、
それ自体を知ってもらうことが何よりも重要です。

地域の人に知ってもらうには、お店側からの情報発信が
必要不可欠であり、その手段は色々あります。

多いのがチラシです。

新聞の折り込みチラシや、スタッフが店舗の前や
通行人の多い駅前などで直接配布します。

しかし、チラシはもらった人にしか情報が伝わりません。

みんなが見ることができて、しかも一瞬で、何を扱っているお店か、
どんなキャンペーンを行っているのか、という情報を
目にすることができるのは「のぼり旗」です。

とてもシンプルですが宣伝効果が高く、とても有効な広告媒体です。
大掛かりな電子看板は電気代がかかりますし、複数設置するのは
難しい面があります。

のぼり旗はそれほど値段の高いものではありませんので、
いくつか設置することも可能です。

のぼり旗があるだけで活気が出ますので、見た人が
キャンペーンは大好評なのだという印象を受けます。

手軽で

クレジットカードの入会キャンペーンにはのぼり旗が付き物

大型スーパーやショッピングセンターなどでは、
クレジットカードの入会キャンペーンがよく行われています。

よくあるスタイルが、長テーブルとパイプ椅子などを使用して、
数人のスタッフが通りすがりの人に声をかけて案内するというものです。

このクレジットカードの入会キャンペーンには、のぼり旗は
無くてはならない存在です。
クレジットなどの入会時には、スタッフの人の説明を聞き、
書類に記入するという地味な流れになります。

のぼり旗が無ければ一体何をしているところなのか、何の入会なのか、
通りすがりの人にはあまりわかりません。

伝えて

しかし、のぼり旗があると、この場所は何をしているところなのかが
一目瞭然です。

何をしているのかわからなければ、敷居が高くなり、
足が遠のいてしまいます。
まず、クレジットカードの入会キャンペーンをしているということを
知らせることが一番大切なことです。

安心できる

また、のぼり旗があると、その空間が繁盛しているように
見えますので、より人を集める効果が高くなります。

あまり興味の無い分野でも、説明だけでも聞いてみようと、
気持ちが動くことも期待できます。

飲食店向けののぼり旗は通販で

飲食店向けののぼり旗を手に入れたいと思った時に
利用すると便利なのが、通販サイトです。

通販サイトでは、さまざまなジャンルの飲食店の
のぼり旗を取り扱っています。

カフェやイタリアンレストラン、ラーメン屋、パン屋などで使える
既製品ののぼり旗が売られていますので、自分のお店の雰囲気に
ピッタリの物があれば、すぐに注文手続きをすることができます。

見つける

ちなみに、通販サイトで取り扱っている飲食店向けの
のぼり旗の中には、ありとあらゆる飲食店で使用できる
一般的なパターンのデザインの物もあります。

それが、日替りランチ、サービスランチなどの文字が
入ったのぼり旗です。
飲食店の中にはランチメニューに力を入れている
ところもあるでしょうが、その場合にちょうど良いデザインです。

お得なランチメニューがあるとわかると、利用を検討してみるものです。

なお、通販サイトでこういったのぼり旗を購入する時には、
既製品をそのまま購入するのも良いものですが、
完全な既製品ではなく、文字を追加して
若干オリジナリティを出した物を
注文するというのも良いものです。

これは、もともとのデザインを縮小して下部にスペースを作り、
ここに2列から3列ぐらい文字を入れることができるという方法です。

日替りランチ、サービスランチといった言葉だけだと具体性が
ありませんが、このスペースに金額などを入れることで、
情報に具体性を持たせることができますので、効果的な宣伝が
可能になると言えます。

便利で

昇華転写ののぼり旗のデメリット

作り方

のぼり旗の作成には様々な方法がありますが、
最も簡単に制作できるのが昇華転写方式です。

これはデザインした絵柄を紙に印刷して、それを生地にあてて
熱と圧力で転写するというものです。

一枚から注文できるので手軽に利用できますが
デメリットもあります。

まず生地の表面にプリントするだけなので
色あせしやすいということが挙げられます。

またシルク印刷のように刷版の必要が無いものですが、
転写のための紙を一枚ごとに印刷する形になります。

そのために大量に注文しても、単価が下がらない
デメリットがあります。

また、昇華転写は表面にインキを載せるだけなので、
生地にインキが染み込まないのもデメリットと言えます。

裏面から見ると色あせた感じに見えるので
見栄えが良くないからです。

のぼり旗は風でなびくので、裏面からも見られるために
デメリットと言えます。

利点

その代わりに、たった一枚でも注文できるのは
大きな利点です。

シルク印刷であれば、刷版費用が必要なので割高になりますし、
時間もかかります。

すぐにのぼり旗が必要な時には便利であると言えます。

ただし色の発色はあまり良くありませんし、見栄えという点では
インパクトに欠けるのもデメリットになります。

ただしデザインそのものはかなりキメの細やかなものを
再現することが可能です。

このような昇華転写の利点とデメリットを考慮した上で、
上手くのぼり旗を活用できるような方法を考えることが必要となります。